ペット保険の加入と善し悪し

ペット保険の加入と善し悪し

ペット保険の加入と善し悪し ペットが病気や怪我をしたとき、あるいは人に危害を加えてしまった時の賠償責任など、あらゆる場面でペット保険は役立ってくれます。
ただ、保険商品は利点のみに注目するのではなく、短所も確認しておく事は欠かせません。

保険に加入する事においてみられる短所は大きく分けて二つあります。
一つは当然ですが保険料が発生する事で、もう一つは保険による給付金が不十分だと思われる事も中にはある、ということです。

保険に加入するという事では、商品に対する保険料が発生するのは避けられない事です。
保険に加入して、契約期間内に一度も病院に行かなかったとしても、当然ながら保険料は発生してしまうため、負担が増えてしまいます。
また、小型犬や中型犬であればさほど保険料は高くならないものの、大型犬となると通常より高めの保険料が設けられているケースもあるため、確認が必要です。

ペット保険の給付金については、3割から5割程度の定率保障と上限金額が設けられた実額保障があります。
これは簡単な診察や治療に対してはさほど気にならない事でもありますが、手術などの大掛かりな治療をした際には、保障が効くとはいえ、多額の自己負担金が発生します。
保険料の支払いに加え、自己負担金が発生する事は、事前に理解しておくのが良いでしょう。

最新のお知らせ

  • [2016年05月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年05月19日]
    運営者情報を追加しました。